まちいろエンジニアブログ

南池袋のWebサービス開発会社、株式会社まちいろのエンジニアブログです。

MySQL WorbenchでAWS上のDBへ接続する

こんにちは、まちいろの井上です。

みなさんは開発を行っている中で、普段使用している管理ツールから開発環境のDBへ接続したいなと感じることはありませんか?
私は普段「MySQL Workbench」を使用しているので、MySQL Workbenchから開発環境に接続できたら便利だなと思っていました。

そこで今日は、MySQLの管理ツールであるMySQL WorkbenchでAWS上のDBへSSHを経由して接続する方法をご紹介します。

AWSのセキュリティグループを設定する

まちいろではサーバーにAWSを利用しているので、まず初めに開発環境となるAWSへローカル環境から
接続するためには、AWS側に設定を行う必要がありました。
以下のように、AWSのセキュリティグループで社内からアクセスが可能となるように設定を行います。

f:id:yu_inoue:20170124150235p:plain

MySQL Workbenchの設定画面を開く

MySQL Workbenchを起動すると以下のような画面が開きます。
MySQL Connnectionsのボタンを押下して、新規の接続を作成します。

f:id:yu_inoue:20170123172906p:plain

接続設定名、接続方法を設定する

接続設定画面を開くと以下の画面が表示されます。
まず初めに、接続設定名・接続方法を設定します。

f:id:yu_inoue:20170123174141p:plain

  • Connection Name

    DB接続設定の名前を設定します。
     ここで設定した名前は、MySQL Workbenchを立ち上げたときの最初の画面に表示されるものとなります。

  • Connection Method

 今回はSSHを経由して接続するので、プルダウンメニューからStandatd TCP/IP over SSHを選択します。

接続したいサーバーのDB情報を設定する

次にParametersタブ内のサーバー、DB情報を入力していきます。

f:id:yu_inoue:20170123175515p:plain

 接続先サーバーのホスト情報(ホスト名、IPアドレス)、ポート番号を設定します。
 [ホスト情報(ホスト名、IPアドレス):ポート番号]のように入力します。

 SSH接続に使用するユーザー名を設定します。

 SSH接続に使用するパスワードを設定します。
 「Stire in Vault…」を押下するとパスワード入力の画面が表示されます。

 SSH接続に使用する秘密鍵ファイル(*.pem)を選択します。

 接続先サーバー上のMySQLのホスト名またはIPアドレスを設定します。

 接続先サーバー上のMySQLで使用するポートを設定します。

  • Username

 接続先サーバー上のMySQLにログインするためのユーザー名を設定します。

  • Password

 上記Usernameで設定したユーザーでMySQLにログインするためのパスワードを設定します。

  • Default Schema

 接続時に開いておきたいDB名を設定します。  

接続を確認する

「Test Connection」ボタンを押下し、接続確認を行います。

 f:id:yu_inoue:20170123181258p:plain

 上記のように接続成功のメッセージ画面が表示されれば設定の完了となります。
 「OK」ボタンで上記画面を閉じ、接続設定画面に戻り設定を保存してください。

最後に

以上で、MySQL WorkbenchからSSH経由でAWS上のDBへの接続設定は完了となります。
一度設定してしまえば、あとはクリックするだけでAWS上のDBへ接続できてとても便利ですので、開発環境への接続時に利用してみてはいかがでしょうか。